多くの人が苦しむ問題のひとつに依存症があります。一言に依存症と言っても、アルコール、薬物、ショッピング、人間関係の依存などさまざまですが、ギャンブル依存症は日本では大きな問題となっています。

ギャンブル依存症になってしまうと、負けが続いてもギャンブルを止められなくなります。最終的には経済的に困窮するところまで行ってしまう人もいます。借金を重ねても、さらに借金を作り、挙Related image句の果てには人からの信頼も失うという悪循環が生まれます。

残念ながら、こうした依存症の問題も自分自身で解決するのはほぼ不可能です。依存症は心理的、精神的な問題が関係しており、専門家による治療が必要になります。詳しくは、「専門家の協力を得て依存症を直す」のページをご覧ください。

なお、ギャンブル業界でもギャンブル依存症の人を増やさないための対策が進んでいます。

オンラインカジノの1つ、「ライブカジノハウス」を例に見てみましょう。ゲストはライブカジノハウスでプレーし、カジノボーナスを得ることができ、お得にゲームを楽しむことができます。

ギャンブル依存による被害を回避するために、同サイトでは予算上限、プレイ時間上限、ログイン制限を設定できるようになっています。つまり、最初に決めた金額以上を費やすことができまさえん。

また、ゲストが自主的にアカウントをブロックする「一時停止期間」も設けることも可能です。カジノへの依存を実感し始めた時点で、一度距離を置くことが理想的です。したがって、カジノプレイがやめられず、どうしてもログインしてしまう人に向いています。