悩みは話して解決しよう

私は今アラサーと呼ばれる世代ですが、同い年の友人で既婚者が少ないからか、結婚に対する焦りはありません…

高齢化社会に必要な訪問歯科診療

高齢化社会に必要な訪問歯科診療 – 高齢化社会が加速する中、在宅介護や在宅診療の必要なお年寄りが増えています。それに伴い、訪問歯科診療のニーズも高まってきました。


高齢で体が不自由だったり、身体的、精神的に障害のある方、または入院中などの理由で歯科ケアのできない方に、自宅や病院、施設等へ歯科診療、口腔ケアを目的とした訪問診療を行ないます。
歯科医師、歯科衛生士、コーディネーターの3人が1チームとなって定期的に訪問し、完治までの期間計画的に診療し、この後のケアや定期健診を行なっています。


訪問歯科診療といっても、持ち運び可能な専用器材をそろえていますので、歯科医院で治療するのとほぼ同等な治療をうけることができます。
人が生きていくうえで必要な食べること、会話すること、笑うこと。口や歯はこれらすべてに関わっています。
だからこそきちんとケアをし自分の歯を健康に保つことが必要になってきます。また、口腔ケアの効果や残存歯数と全身の健康は、深いつながりを持っているという研究データは数多く発表されて、そのようなデータからわかるように口腔ケアをすることは全身の健康にもつながってくるのです。
歯科医院に通院ができない状況だからといってあきらめず、訪問歯科治療を利用し治療やケアをしましょう。

Dale Gilbert

Back to top